2017年 10月 26日

Anewsが「HRアワード2017」にて優秀賞を受賞

この度、日本の人事部様が主催する「HRアワード2017」にて、300を超えるエントリーの中から、人材開発・育成部門における「優秀賞」を受賞いたしました。

ホワイトカラー業務の20%は「情報収集」に使われています。

さらに、組織・チームでチェックすべき重要ニュースはほとんど同じにもかかわらず、 いまだに各個人で非効率な情報収集が行われています。

全てのビジネス活動のベースとなる「情報収集」をAIで効率化することで、ホワイトカラーの生産性向上を引き続き目指します。

【 HRアワード2017とは 】  (以下、日本の人事部様サイトより引用)

日本の人事部「HRアワード」は、人事、人材開発、労務管理などの各分野において、積極的な活動・挑戦を続けている企業人事部やHRビジネス企業、また、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、人事や人材開発に関わる全ての企業や個人のレベルアップと、人フィールド全体の活性化を実現することを目的としています。

企業の経営者や管理職、採用・育成ビジネスや人事サービスを展開する企業の皆さまによる投票結果を基に各賞を決定する選考方式が「透明性・公平性が高く、信頼できる」と、ご好評の声をいただいている本賞。2012年は1,107人、2013年は1,875人、2014年は2,462人、2015年は3,647人、2016年は5,602人の方々にご投票いただくなど、注目度は年々高まっており、HR関連では最も権威のある賞と言われています。

日本の人事部「HRアワード」によって、企業人事部やHRビジネス企業の優れた活動や成果の事例が社会で広く共有され、日本の全ての企業の人事部がより戦略的に業務を遂行すること、さらには人フィールド全体が活性化することを願っています。

300を超えるエントリーの中から、厳正なる審査を経て53件が入賞(ノミネート)。『日本の人事部』会員6081人の投票、選考委員会による最終選考を経て、14組の受賞が決定しました。2017年のHRを代表する顔ぶれをご覧ください。

HRアワードWebサイト

選考結果一覧

【 Anewsで業務生産性を一気に向上させましょう 】

  • 最先端のAIが国内外3万メディア以上から各部署に最適化されたニュースを毎日配信、情報収集時間が大幅に削減されます。

  • 英語メディアの最新ニュースもAIがセレクションして配信、翻訳機能とあわせて使えば効率的に情報収集出来ます。

  • ニュースに「いいね」「コメント」することで、部署内のコミュニケーション・ナレッジシェアが一気に加速します。

  • 膨大な記事データベースから、各組織の興味に応じた結果を表示する検索機能や関連記事機能で、最適なニュースにすぐにアクセス。

  • ディープラーニングベースの自動要約機能により、ニュースの重要度選別や閲覧コストの削減をサポート。

  • 強力なアナリティクス機能で、メンバーの利用行動や興味を可視化、未読メンバーにはすぐにリマインド可能です。

【 Anewsはこんなニーズをお持ちの部署様に最適です 】

  • 新規事業・経営企画
    テクノロジー・事業提携等、日々スピードの速いビジネスシーンで、必要な情報を素早く収集

  • セールス
    ハイパフォーマーの知識をメンバーにシェアし、クライアント情報を隅の隅まで知り尽くす

  • リサーチ・開発
    グローバルな情報を素早く収集し、チーム内で効率的にシェアすることで、他社の一歩先へ

  • 人事・HR
    個人別に利用状況を可視化して、各社員の情報感度を明確に把握し、社員の生産性を向上

  • 広報・マーケティング
    自社・自社製品のレピュテーションをグローバルにチェックし、社内にも簡単に共有

【 本件に関するお問い合わせ 】

ストックマーク株式会社

担当:森井(info@stockmark.xyz)

©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.