2018年 10月 15日

ビーウィズ/アイブリットと業務提携~コンタクトセンターの対話を解析するサービス提供に向けた取り組みを開始~

東大発AIベンチャー・ストックマーク株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役CEO:林達)とビーウィズ株式会社(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:西村浩)、 及び株式会社アイブリット(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:鈴木道一)は、 2018年10月15日に三社間で業務提携し、 AIを活用してコンタクトセンターの対話を解析し、 経営の意思決定に貢献する対話データ活用ソリューションサービスの提供に向けた取り組みを開始いたします。

昨今のAI機能の進化により、 カスタマーサービス・コンタクトセンタービジネスにおける音声認識による対話内容の自動テキスト化は、 普及拡大を続け標準的なシステムとなることが予想されております。

従来の音声録音を元にした人的作業では、 膨大な対話内容から様々な傾向を把握する処理には限界がありましたが、 音声認識による自動テキスト化により、 本来の顧客ニーズを正確かつ迅速に収集する事が可能となりつつあります。

2017年11月にアイブリット株式会社が開発したテレフォニーシステム「OmniaLINK」にリアルタイム音声認識機能の追加発表がありました。 これを受けて、 対話データを解析しクライアント企業の事業戦略の意思決定に提言するシステムを構築する事が可能と考えています。

当社は、 東京大学大学院情報理工学系研究科におけるテキストマイニング・ディープラーニングの研究をベースに、 創業した東大発のベンチャー企業です。 最先端のAIテクノロジーを活かし、 企業様向けWEBニュース配信サービス「Anews」を開発・運営し、 さらにAI関連ビジネスのコンサルティング事業「AIアルケミスト」、 及びAIシステム開発事業を展開しています。

当社の自然言語処理における学術的知見と技術力と、 ビーウィズ株式会社のコールセンター事業者としてのインサイダーのノウハウ、 アイブリット株式会社が開発しているOmnia LINKにおける技術力を融合する事で、 新たな付加価値サービスの展開が図れる可能性があると考えております。

これを通して、 顧客の声が集まるコンタクトセンターにおけるお客様の潜在的ニーズをとらえ、 企業の経営に貢献するコンタクトセンターを実現すべく、 業務提携を行い対話データソリューションサービスの提供に向けて取り組んでまいります。

【 ビーウィズ株式会社 】
会社名:ビーウィズ株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿3-7-5 新宿パークタワー32F
設立:2000年5月12日
代表者:代表取締役 西村 浩
事業内容:BPOサービス(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)コールセンターサービス、 デジタル/AIソリューション販売

【 株式会社アイブリット 】
会社名:株式会社アイブリット
所在地:東京都渋谷区渋谷3-8-10 JS渋谷ビル4階
設立:2001年9月
代表者:代表取締役 鈴木 道一
事業内容:Omnia LINKの企画開発

【 ストックマーク株式会社 】
会社名:ストックマーク株式会社
所在地:東京都渋谷区桜丘町31−14 岡三桜丘ビル501号室
設立:2016年11月15日
代表者:代表取締役CEO 林 達
事業内容:AI技術を活用したニュース配信及びブックマーク管理サービスの運営

関連リンク:

ビーウィズ、アイブリット、ストックマークの3社業務提携について(2018年10月15日)

https://www.bewith.net/topics/20181015_1.html

※文中の製品名および会社名は、 各社の商標または登録商標です。

【 本件に関するお問い合わせ 】

ストックマーク株式会社

担当:森井(info@stockmark.xyz)

Get in touch

Yay! Message sent.
Error! Please validate your fields.