2019年 5月 12日

Japan IT Week「AI・業務自動化展」でブース出展とセミナー登壇をしました

2019年5月8日~10日、東京ビッグサイトで開催されたJapan IT Week内のAI・業務自動化展にブース出展とセミナー登壇をいたしました。Japan IT Weekは計70,000名が来場するIT業界を代表するイベントで、AI・業務自動化展ではAI技術・製品や、RPA・チャットボットなど業務自動化ソリューションが一堂に集結しました。

ブースでは、ストックマークのサービス「Anews」「Asales」「Astrategy」をご紹介。

Anewsは、自社のビジネスに直結するニュースを世界中のメディアから収集し、社内の有識者のナレッジと共に社内に流通させるツールです。Asalesは、商談メモやテキスト資料から受失注分析をしたり、過去の類似商談をピックアップするなど、定性データから営業現場の付加価値を向上したり業務効率化を実現いたします。Astrategy は、自社を取り巻くビジネス環境について、世界中のニュースの文脈をテキストデータとしてAIが解析し、トレンドの把握や競合の動向を可視化するサービスで、経営の戦略的意思決定を強力にサポートいたします。

たくさんのノベルティも作りました。可愛いと大変好評でした。

セミナーは2回開催しました。1回目は初日、ストックマークChief Strategist 原部 智哉が「AIと目指す営業組織の効率化と売上拡大」をテーマにデジタル時代の営業の抱える課題についてAIで何ができるか、生産性向上の視点で話しました。

2回目は最終日、ストックマーク株式会社Sales Manager髙木 雅史が「AIによる情報収集の効率化と現場力の向上」をテーマにAIによるデジタル変革や新規ビジネス策定、効率化が求められる今日、組織にとっての情報収集/共有の最先端のあり方について話しました。

3日間で多くの方にご来場いただき、ストックマークについて関心を持っていただきました。リアルにお客様の声を伺うことができ、今後の開発に活かしていきたいと思います。


Get in touch

Yay! Message sent.
Error! Please validate your fields.