2019年 6月 05日

「働き方改革EXPO」でセミナー登壇とブース出展をしました。

〜テキスト解析AIで業務効率化!3つのクラウドソリューション〜

2019年5月29日(水)~31日(金)、東京ビッグサイトで開催された、リード エグジビション ジャパン主催の総務・人事・経理ワールド内の「働き方改革EXPO」でブース出展とセミナー登壇をいたしました。「働き方改革EXPO」は、働き方改革の実現を促進することを目的とした、本分野で日本最大*の展示会です。テレワーク支援・オフィスデザイン・会議システム・RPA(業務自動化)ツールなどあらゆるワークスタイル変革ソリューションを取扱う800社が出展し、東日本の総務・人事・経営者70,000名が来場する大規模な展示会です。(*同種の展示会との出展社数、製品展示面積の比較)(掲載の出展社数・来場者数は、同時開催展を含む最終見込み数字)

ストックマークは、高度な自然言語処理技術により、膨大な社内外のテキストデータを収集および分析し、業務で活用できるSaaSをご提供しています。

ブースでは、業務効率化と売上拡大に貢献する3つのSaaS「Anews」「Asales」「Astrategy」をご紹介しました。これらは、オフィスの生産性向上や社内コミュニケーションの活性化などに有効です。


Anewsは、AIがチームや組織のビジネスミッションに直結するニュースを毎日配信するSaaSです。更に、情報を共有するコミュニケーションツールとして、大手企業1,000社を超える導入実績と共に、デジタル変革を担う経営企画や新規事業部、トレンドを掴むマーケティング、広報、営業等幅広い業種にご導入頂いております。

Asalesは、日報や商談メモ、提案資料などの社内のデータを収集し解析し、ナレッジを活用しながら営業組織の提案力の強化、スキルの標準化、営業現場の見える化を実現するSaaSです。

Astrategyは、競合他社や業界キーワードなどを登録をすると、高度なテキスト解析技術により、経営施策のニーズに合わせてインサイトを抽出、マクロ環境分析や業界分析を行うサービスです。

コーナーサイドではミニセミナーを実施、多くの方が立ち止まり、関心を持ってくださいました。

出展社による製品・サービス発表セミナーは、1日目と3日目の2回開催しました。

初日のセミナーは、タイトルを「事例から学ぶ、AIによる情報収集の効率化と現場力の向上」とし、ストックマーク Chief Alchemistの森住が、DX時代おける組織変革や情報収集のあり方をテーマに、Anewsについてご紹介しました。

イベント最終日のセミナー第2回目は、働き方改革で営業業務にフォーカスしたテーマです。タイトルは「商談メモや日報を解析!AIと目指す営業組織の働き方改革」Asalesプロダクトマネージャーの原部が登壇しました。

顧客との情報格差はなくなり、ニーズの多様化や、顧客すらニーズが見えていないという現状があるデジタル時代において、営業現場(ビジネスの最前線)の声がダイレクトに詰まっているのはテキストデータであり、これらの定性データの解析が大変重要になってくることを解説しました。

ストックマークのAsalesは、商談メモや日報を解析可能な営業支援サービスであり、Asalesの活用により、顧客のニーズの掘り起こしや受失注分析を定性データから行うことで、今まで見えていなかった勝ちパターンや受失注のナゼを可視化します。

ストックマークの最先端の自然言語処理の技術と、これら3つのサービスが、働き方改革、デジタルトランスフォーメーション時代の組織進化や情報収集のためのソリューションの一つとなるよう願っております。

©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.