2019年 6月 25日

【イベントレポート】DXキーパーソン40名が集う! 「日経 xTECH  ITイノベーターズ会議」に参加しました!

2019年6月18日(火)ホテル雅叙園東京で開催された日経ITイノベーターズ会議に参加しました。

「ITイノベーターズ」は、日経 xTECHにより運営される、経営革新で先行する企業のキーパーソンであるエグゼクティブメンバー(幹事会員)100名によって組織され、彼らを推進役に、IT企業・コンサルティング会社の有識者を交え、デジタル経営革新のあり方について本気で議論・情報発信する「変革に本気で挑むリーダー」のための活動です。

「ITイノベーターズ会議/サミット」は、変革の当事者たちが本音を語る経営革新で先行する企業のキーパーソンであるエグゼクティブメンバー(幹事会員)が集まりデジタル変革をテーマに議論するものです。今回は、DXキーパーソン40名が集いました。

「最新テクノロジー(AI/IoT/VR)活用」をテーマに、米国最新事情やテクノロジー活用の本質、AIやIoTを用いた新サービスの創出方法などの講演やディスカッションが行われました。
ストックマークは代表の林が、講演の登壇と、ディスカッションに参加しました。

林は、「AIはここまできた!使いこなして組織を進化させる方法とは」をテーマに講演しました。AIの中でも特に、自然言語処理技術について、昨年起きたと言われるブレイクスルーがどれだけインパクトがあるかAIの歴史を追って解説しました。更に今起きている第4次産業革命において、企業が生き残るためには組織変革、アジャイル経営が必要であること、更にそれをサポートするのがAIであるべきであることを、スタートアップの立場から考えを述べました。

そうそうたるメンバーのディスカッションはデジタル変革、データの扱い方、組織のあり方、イノベーターとは、に到るまで現状から課題まで多岐にわたり大変に盛り上がりました。

最後はハウステンボス取締役CTOの富田さんのご講演でした。「人が幸せになるテクノロジー活用の本質」ということで、自分が幸せだと思っていることは本当にそうなのか、周囲からのコピペではないのか、何より「考える」ということをもっとしなければならない。

Innovatorであるならば、まずは自分が幸せであることを追求し、そして「知恵」を集めて世界一環境改善ができるようにしないといけないという、時に笑いを起こしながら、私たちスタートアップにも心に刺さるはっとすることか数々あるお話でした。富田さんのお話の中にもアジャイルが登場し、今にのみらず重要な考えで今後企業の活動も社員の意思決定のスピードも加速すると更に必要なことだと実感しました。


©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.