2019年 11月 20日

【イベントレポート】「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」に参加しました

〜テクノロジーでいかに社会を変えられるか〜

2019年11月12日(火)~11月14日(木)グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールでGartner(ガートナー)主催の IT Symposium/Xpo 2019が開催されました。

  

ガートナーは、世界100カ国以上、1万5,000社を超える企業に支持されている、世界有数のリサーチ&アドバイザリ企業です。

Gartner IT Symposium/Xpo 2019は、「新たなテクノロジがビジネスにどのような影響を与えるか」ではなく、「テクノロジを使ってビジネスの在り方、ひいては社会をいかに変えられるか」をテーマに、CIOはじめ、CEO、CFO、企業のIT戦略や投資にかかわる経営者 IT部門の責任者、IT投資・導入に関わるすべての意思決定者、に向けてこの大きなビジョンを提示する場です。今日のミッションクリティカルなビジネス課題の解決を実現し、将来にわたって成功する組織を築くために欠かせない知見を提供するセッション、展示などが催されました。

またAI 、ビジネスインテリジェンス、クラウド、カスタマーエクスペリエンス、デジタルビジネストランスフォーメーション、イノベーションマネジメントなど12の主要領域の最新リサーチも発表されました。

   

   

ストックマークは、AIの領域で最新テクノロジーと事例について解説する登壇をしました。
テーマ:「データドリブン経営の最前線、定性データの活用とは」
登壇者:ストックマーク株式会社 代表取締役 CEO 林 達
概 要:データドリブン経営、各社何をデータとするかで明暗を分ける。ビジネスにおける価値の源泉は社内文章や、社外のニュースなどに眠っており、未だ活用している企業は多くない。日本語自然言語処理技術のトップランナーである当社が、最先端の企業との取り組みをお話しする。

   

Gartner IT Symposium/Xpo のブースでは、最先端のソリューション・プロバイダーが一堂に会しました。

   

ガートナーは以下のように語っています。

「かつて、これほど多くの人がデジタルでつながり合う時代はありませんでした。人間社会は、新たな高みに達したと言えます。絶え間なく広がる人と人のつながりはCIOの役割を変え、ビジネスそのものの可能性をも大きく広げています。一方で、この変化はデジタル化を進めようとする野心と現実との間に、これまでにはなかった緊張を生んでいます。新たなテクノロジによって不可能が可能になるとしても、それを進めてよいとは限りません。私たちは時代のリーダーとして、自らのビジネスを益するためにではなく、社会全体を益するためにこそ、デジタルを使いこなす力を有しているのです。」

  
私たちストックマークは、自然言語処理の研究をしています。ガートナーが言うように、人間社会が新たな高みに達し、絶え間なく広がる人と人のつながりがコミュニケーションなどの言語によってうまれているとしたら、言葉の重要性はより大きくなっていると考えます。
ストックマークは、言葉の世界からこのデジタル化した社会の益に貢献できることがあると信じています。



Gartner IT Symposium/Xpo 2019
 https://stockmark.ai/seminar/20191112/

©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.