Blog

2019年 10月 09日

【イベントレポート】Data Science Fes 2019がスタート!

〜今こそデータ・ドリブンの先駆者へ〜 日本経済新聞社主催による「データ」をテーマにした「Data Science Fes 2019 」がスタートしました。11月下旬までの長期イベントで、初日の9/30「オープニングフォーラム」が一橋講堂で開催されました。 AIやIoTなど社会の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」化が進み、「データ」はその重要資源として、“新しい価値を創る”活用力を担う時代を迎えています。しかし、日本企業では経営・マネジメント層のリテラシーや人材の不足が顕著で、「データ・ドリブン経営」実現の大きな課題となってると言われています。 Data Science Fes 2019は、「データで社会を変える=データサイエンス」を起点に、産・官・学の変革に意欲的なステークホルダーが一堂に集まり、日本全体でデータ・ドリブンを加速させるために共に考え、共創を目指すプロジェクトです。11/11の「ビジネスデベロップメントフォーラム」を前にした、 「オープニングフォーラム」では、定員の3倍以上のお申し込みがあり期待の高さが伺えました。 ストックマークはプレセッションに参加しました。「スタートアップ×学生セッション AI・データ時代をどう生きるか?」をテーマに、データを軸にこれからの世の中がどう変わってゆくか、その中で変革に意欲的な若者たちに求められる資質や経験を、スタートアップ企業から学生、若手ビジネスパーソンに伝えるセッションです。ストックマーク は代表の林が、日本データサイエンス研究所 CDSO(Chief Data Science Officer)の大杉慎平氏でとパネルディスカッションに登壇、竹川隆司氏(zero to one 代表取締役CEO)のコーディネートのもと進めました。 各氏のこれまでの歩み、大学時代に学んだこと、就職時に考えていたこと、そこから起業・スタートアップに至るまでなど、普段あまり聞くことがない話を聞くことができました。 学生さんの生の声を聞こうと、質問にお答えする機会もありました。 AI時代をどう生きるか、人とAIはどう共存すべきか、そんな未来に求められる人材とは、など興味深い質問が飛び交いました。 大杉氏、林ともにキーワードは、AI時代はスピーディに物事、ビジネス、社会が変化するので、変化を恐れないこと、自分で解釈、咀嚼し自分の中で答えを出すこと、時代に応じて自分をアップグレードできるかその気概が大事ということでした。 AIなどのテクノロジーにより時代の変化が目まぐるしくなっている今、重要なことは、人間のメンタリティのようです。 ストックマーク林は、変化を恐れないこと、「自分が持っているボーダー」を外して一歩外へ踏み出してみること、大抵のことはなんとかなるという少しの楽観を持ったタフさ、そして何より「目の前にいる人を幸せにする」ことを考えることが大切と話しました。 目の前の1人(個人)でも、目の前の数人(チーム単位)でも、目の前の数十人(より大きな組織単位)でも、その人の得意な目線で、目の前にいる人を幸せにしようと考えてみようと加えました。 組織としてのストックマークは、目の前のクライアント企業がより強くしなやかな組織になるようテクノロジーをもって寄り添い、企業の進化や変革をその隣で支援する企業であり続けたいと考え、社員一同がお客様の方を向いている組織であることを実践し続けたいと思います。
2019年 10月 03日

【イベントレポート】CDOはじめDXキーパーソンが集結! 日経BP総研 イノベーションICTラボ「日経イノベーターズ会議 」登壇

日経 xTECHが運営する「ITイノベーターズ」は、強い会社の変革者100名を「エグゼクティブメンバー」として組織化し、有識者を交えてデジタル経営革新のあり方について議論・情報発信する「変革に本気で挑むリーダー」のための活動です。9/25ホテル雅叙園東京で、変革の当事者たちが本音を語る「ITイノベーターズ会議」が開催されました。 今回は「データ活用の本質、データ流通の未来」をテーマに、企業がデータ活用で成果を生み出すために不可欠なこと、データ活用の成功・失敗パターン、データ流通時代に対する備えなどについて議論がなされました。 エグゼクティブメンバーの講演では、「データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞者のデジタルガレージ渋谷 直正チーフデータオフィサーとITイノベーターズ幹事会員であるヤフーの佐々木潔執行役員チーフデータオフィサーが登壇しました。 また、日経BP総研イノベーションICTラボ 所長の戸川 尚樹氏をモデレーターに、 エグゼクティブメンバーによるディスカッションも行われ、「データ活用の本質とデータ流通の未来に」ついて、ビジネスの最先端で起きていることとして各社の状況と共に語られました。 ストックマークはスタートアップではありますが、今回のイベントテーマのデータ活用の本質について、今まで解析されてこなかったけれども実は重要で有用なのがテキストデータであること、データの解析方法、ビジネスにおける活用方法について、更にそれはDXを進める上でいかに意味をなすかについて、お話いたしました。
2019年 10月 03日

【イベントレポート】「Salesforce World Tour Tokyo 2019」に参加しました

〜顧客に向き合いイノベーションを創出する〜 9/25、9/26の2日間、国内最大規模のクラウドイベント「Salesforce World Tour Tokyo」が開催されました。「Salesforce World Tour」は、毎年世界6カ国12都市で行われるSalesforce主催のグローバルイベントで、「World Tour Tokyo」では、基調講演やセッション、ネットワーキングなど 140以上のプログラムを通じて、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を実現した企業や個人の成功事例が紹介されました。 Einstein Voice、Customer 360をはじめとした最新のイノベーション、新しいカタチで顧客とつながるためのソリューションを体感できたり、TrailblazersとつながるSalesforceを活用しながら、ビジネスを成長させるためのビジョン、最新動向、取り組み、カスタマーサクセスの方法などを、ユーザ事例や80を超えるSalesforceパートナーから学ぶことができるコーナーなどがありました。 Trailhead Zoneは、Salesforce のテクノロジーを体験できるエリアで、エキスパートによるセッションをはじめ、無料オンライン学習サービス Trailhead の体験やSalesforceコミュニティメンバーによるワークショップ、課題にチャレンジするミニハックなどがありました。 ストックマークもブースを出展し、日本語の自然言語処理解析を活用した、より顧客に向き合うための営業変革サービス「Asales」について、詳細資料やデモを展示しました。Salesforceをご利用の多くの方にご関心いただきました。 Trailhead Zoneのセッションでは、Salesforceの方々と、ストックマークAsalesのプロダクトオーナー原部が登壇しました。「絶対使いたくなる AppExchange アプリとそのアーキテクチャ」として、Salesforce のユーザ向けアプリケーションを販売し SaaS ビジネスを成長させたい方向けに、AppExchangeパートナーの成功事例として、ストックマーク、Asalesについてご紹介いただきました。 SalesforceのCustomer 360は、シームレスに「つながる」顧客体験を生み出すもので、Salesforceは「顧客は自分のことを知らない企業とやりとりをしている場合にも、他での喜ばしい体験から期待を膨らませていて、統一された顧客のビューこそが、そうした体験に対する究極的な価値の提供になる。」と説明しています。 ストックマークは「顧客起点としたデータドリブン経営」を提唱していて、AppExchangeパートナーとして相性がとても良いようです。 株式会社セールスフォース・ドットコム、AppExchange アライアンス部 テクニカルエバンジェリスト川畑 隆博氏と、アライアンス本部 パートナー営業推進部の高橋 憲太朗氏が「AppExchangeパートナーが成功する6つのこと」として秘訣を伝授したり、Asalesを起点としたAppExchangeで実現する世界について、デモと共にご紹介くださいました。 Asalesは、Salesforceに蓄積された定性・テキストデータを解析し、既存営業活動の高度化と顧客インサイトの社内還流をサポートするサービスです。さらにカスタマードリブン可能な組織に変化することを支援いたします。セッションでは、App Exchange 開発のメリット・デメリットや、App Exchange 拡販のメリット・デメリットなど、さらにSIとSaaSプロダクト開発の違いと面白さなど原部のSIerの経験を踏まえた話など、深掘りしてお話いたしました。 ブース近くでは、さらにAsalesを詳しく知っていただくためのセッションも開催しました。 タイトル:「日報は売上拡大の源泉!AI×カスタマードリブンな営業改革!」 カスタマードリブンな企業活動が高まる中、顧客課題やニーズを発掘し、解決策をデザインできる営業活動が求められています。Salesforceに蓄積した定性データの利活用をAIで促進させるAsalesを、期待される効果と共にご紹介しました。
2019年 10月 02日

【イベントレポート】ストックマーク、LINE、DeNAのAIプロダクトショーケース──AIを実装したプロダクトの技術大公開

8月27日に開催された「AIプロダクトショーケース-AIを実装したプロダクトの技術大公開-」。自然言語処理(NLP)や画像認識といったテクノロジー領域で、AIプロダクトの開発に携わるストックマーク、LINE、DeNAの3社が登壇。プロダクトの概要や裏にある技術、開発アーキテクチャ、最近のトレンドなどについて紹介しました! [button url="https://techplay.jp/column/754" text="記事を読む!"]
2019年 9月 06日

【メディア掲載】Geekroid:AI開発の面白さと課題とは!? CTO 有馬 インタビュー

ITエンジニア向け情報サイトの「Geekroid」に、CTO 有馬のインタビュー記事が掲載されました!全2回でのAI開発についての思いや考え方などを赤裸々に語っています! AI開発の面白さと課題とは!? AI開発の第一人者・ストックマークの有馬CTOに聞いた! [cols][col class="1/2"][button url="https://mynavi-agent.jp/it/geekroid/2019/09/stockmark-1.html" text="Vol.1の記事を読む!"][/col][col class="1/2 last"][button url="https://mynavi-agent.jp/it/geekroid/2019/09/stockmark-2.html" text="Vol.2の記事を読む!"][/col][/cols]
2019年 9月 02日

【イベントレポート】金融業界のデジタル化を考える「金融デジタル戦略会議」に参加しました。

日経FinTech主催の「FinTech Impact Tokyo 2019ー金融デジタル戦略会議-」でストックマークCEO林が登壇いたしました。 8月28日(水)東京コンファレンスセンター・品川で開催されたこのイベントは、金融業界の方を対象とし、金融業界におけるデジタル化の先進事例や、日本企業が今後直面する課題とその解決策などが紹介されました。 ストックマークは代表の林が、「テキストデータの活用で加速する金融ビジネス-デジタル変革に必要なアジリティーを手に入れる-」をタイトルに、VUCAな時代における「アジャイルな組織」への進化について、大手金融機関の事例や、最先端のテキストデータ解析の活用によってどのようにAIが支援することが可能か解説しました。 日本のFinTech市場が勃興して約3年、市場の盛り上がりを受け、異業種のビッグプレーヤーによる金融サービスへの本格参入も続いています。さらに変化しているのは金融市場だけではありません。金融機関の在り方も急速にデジタル化の波にさらされています。金融業界を取り巻く市場環境が厳しさを増す中、革新のスピードを加速させることが勝ち残りの条件となります。 ストックマークは、各組織がお客様の方を向いて俊敏に行動をする「アジャイル経営」を提唱しています。アジャイル経営には、顧客価値の向上や創造に集中できるデータ・ドリブンなビジネス・プロセスとそれらを全員が正しく利用できるが組織カルチャーが必要であると考えています。ビジネスのほとんどがテキストなどの定性データであるので、定性データの解析は必須ですし、さらに組織カルチャーの醸成を考えるとコミュニケーションは重要です。McKinsey Global Instituteによると、アジャイル経営による潜在価値(2030年予測)は、1,000兆円以上に上ると言われています。 基調講演では、みずほフィナンシャルグループのデジタルイノベーション部シニアデジタルストラテジスト兼 Blue Lab最高技術責任者(CTO)大久保 光伸 氏が「デジタル社会における価値の創造」をタイトルに登壇。 また、「ネオ・マネーがもたらす決済・金融システムの構造変化」と題して、日本銀行決済機構局審議役 FinTechセンター長の副島 豊 氏が、決済・金融システムを変え売るネオ・マネーについて語られました。 多くの方にご来場いただき、ブースでも沢山のご質問やご関心をいただき、金融業界でも顧客サービスの高度化と業務効率化という攻守の両面で、成果を挙げようとする機運が高まっていることを実感しました。
2019年 8月 29日

【イベントレポート】AIを実装したプロダクトの技術大公開!

LINE DeNA豪華登壇企業とエンジニアイベントを開催しました! AIに関心のあるエンジニア向けに、AIを実装したプロダクトの中でも注目度の高いプロダクトにフォーカスし、そのプロダクトを構成する技術を深掘りするイベント「AIプロダクトショーケース 」を、8/27渋谷TECH PLAYで開催しました。 ストックマークに加え、LINE、DeNAの豪華登壇企業の最新のAIプロダクトに迫りました。 100名の枠に260名のお申し込みがあり、盛況を博しました!   ストックマークCTOの有馬 幸介は、「3億次元に及ぶ先端的言語モデルが産み出す、システムアーキテクチャへの破壊的要求」をタイトルに話しました。BERTやXLNetなどの最先端の言語モデルについて、また特にBERTが、今まで単語に留まっていたものから、センテンス単位でグルーピングできるようになることで、文脈を理解できるようになり実用化に及んだこと。   定性データの分析を、今まで人力でやっていたものを自動化し、全員がプロダクトやサービスに集中できる、ストックマークはビジネスにおいてそういう世界観を作りたくて、「Anews」「Asales」「Astrategy」の3つのサービスを運営しています。   続いて、「Anews」「Astrategy」の裏側のシステムの説明として、アーキテクチャー図の公開をしました。サーバレス化、ディープ化、エッジ化のところとグルーピングして、それぞれでの工夫についても披露。多くの方が関心を持ってくださったようでたくさんシャッターが切られていました。   その他、LINEさん、DeNAさんの登壇が続きました。LINE株式会社 Clova NLP/Senior software engineer Nguyen Tung氏「汎用言語モデル:最新研究とプロダクトへの応用」 株式会社ディー・エヌ・エーAI本部AIシステム部AI研究開発第二グループ グループマネージャー奥田 浩人氏「交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART」におけるAI技術~開発からサービス適用まで」登壇後は、懇親会があり、エンジニア同士での会話が盛り上がりました!
2019年 8月 23日

【ブログ】元SI出身者が語るストックマークで働く魅力(社員インタビュー)

今回の社員インタビューは、ストックマークには、SIから来た社員が多くいるので、それぞれの職種でSIとの違いや思いについて、原部、西村、岩谷に話を聞きました!  ◆今回のインタビュー者(写真右から)原部(元NSOL出身)西村(元日本IBMシステムズ・エンジニアリング出身)岩谷(元NTTコムウェア出身)    [button url="https://www.wantedly.com/companies/stockmark/post_articles/183020" text="記事を読む!"]   ストックマークでは、一緒に大きく会社を成長させ、文化を創っていける新メンバーを募集しています!カジュアル面談も行なっておりますので、すこしでも、興味やワクワク感を感じていただけたら、お気軽に会社見学にお越しくださいね!    [button url="https://www.wantedly.com/companies/stockmark/projects" text="採用募集を見る!"]  
2019年 8月 21日

【メディア掲載】JDIR:AIで企業組織にアジリティ変革を起こす

2019年7月19日に開催された「Digital Innovation Forum 2019 <夏>」でのCEO 林の講演内容(採録)をJDIR (JBpress Digital Innovation Review) に掲載いただきました! AIで企業組織にアジリティ変革を起こす 「自然言語処理×ディープラーニング」でDXを実現 [button url="https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57345" text="記事を読む!"]
2019年 8月 10日

【メディア掲載】AWS Startup ブログ:AIで高速なキュレーションを実現するストックマークのアーキテクチャ

【AWS Startup Architecture Of The Year 2019 ファイナリストによる寄稿シリーズ 】 6月に開催の「AWS Summit Tokyo 2019」内で行われたピッチコンテスト「Startup Architecture Of The Year 2019」で「オーディエンス賞」を受賞し、先日、記念にトロフィーをいただきました! 受賞したチーフエンジニアの谷本のインタビューと寄稿を、AWS Startup ブログに掲載いただきました。 [button url="https://aws.amazon.com/jp/blogs/startup/saoy2019_finalist_stockmark/" text="記事を読む!"]

©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.