ブース出展

2019年 10月 09日

【イベントレポート】Data Science Fes 2019がスタート!

〜今こそデータ・ドリブンの先駆者へ〜 日本経済新聞社主催による「データ」をテーマにした「Data Science Fes 2019 」がスタートしました。11月下旬までの長期イベントで、初日の9/30「オープニングフォーラム」が一橋講堂で開催されました。 AIやIoTなど社会の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」化が進み、「データ」はその重要資源として、“新しい価値を創る”活用力を担う時代を迎えています。しかし、日本企業では経営・マネジメント層のリテラシーや人材の不足が顕著で、「データ・ドリブン経営」実現の大きな課題となってると言われています。 Data Science Fes 2019は、「データで社会を変える=データサイエンス」を起点に、産・官・学の変革に意欲的なステークホルダーが一堂に集まり、日本全体でデータ・ドリブンを加速させるために共に考え、共創を目指すプロジェクトです。11/11の「ビジネスデベロップメントフォーラム」を前にした、 「オープニングフォーラム」では、定員の3倍以上のお申し込みがあり期待の高さが伺えました。 ストックマークはプレセッションに参加しました。「スタートアップ×学生セッション AI・データ時代をどう生きるか?」をテーマに、データを軸にこれからの世の中がどう変わってゆくか、その中で変革に意欲的な若者たちに求められる資質や経験を、スタートアップ企業から学生、若手ビジネスパーソンに伝えるセッションです。ストックマーク は代表の林が、日本データサイエンス研究所 CDSO(Chief Data Science Officer)の大杉慎平氏でとパネルディスカッションに登壇、竹川隆司氏(zero to one 代表取締役CEO)のコーディネートのもと進めました。 各氏のこれまでの歩み、大学時代に学んだこと、就職時に考えていたこと、そこから起業・スタートアップに至るまでなど、普段あまり聞くことがない話を聞くことができました。 学生さんの生の声を聞こうと、質問にお答えする機会もありました。 AI時代をどう生きるか、人とAIはどう共存すべきか、そんな未来に求められる人材とは、など興味深い質問が飛び交いました。 大杉氏、林ともにキーワードは、AI時代はスピーディに物事、ビジネス、社会が変化するので、変化を恐れないこと、自分で解釈、咀嚼し自分の中で答えを出すこと、時代に応じて自分をアップグレードできるかその気概が大事ということでした。 AIなどのテクノロジーにより時代の変化が目まぐるしくなっている今、重要なことは、人間のメンタリティのようです。 ストックマーク林は、変化を恐れないこと、「自分が持っているボーダー」を外して一歩外へ踏み出してみること、大抵のことはなんとかなるという少しの楽観を持ったタフさ、そして何より「目の前にいる人を幸せにする」ことを考えることが大切と話しました。 目の前の1人(個人)でも、目の前の数人(チーム単位)でも、目の前の数十人(より大きな組織単位)でも、その人の得意な目線で、目の前にいる人を幸せにしようと考えてみようと加えました。 組織としてのストックマークは、目の前のクライアント企業がより強くしなやかな組織になるようテクノロジーをもって寄り添い、企業の進化や変革をその隣で支援する企業であり続けたいと考え、社員一同がお客様の方を向いている組織であることを実践し続けたいと思います。
2019年 10月 03日

【イベントレポート】「Salesforce World Tour Tokyo 2019」に参加しました

〜顧客に向き合いイノベーションを創出する〜 9/25、9/26の2日間、国内最大規模のクラウドイベント「Salesforce World Tour Tokyo」が開催されました。「Salesforce World Tour」は、毎年世界6カ国12都市で行われるSalesforce主催のグローバルイベントで、「World Tour Tokyo」では、基調講演やセッション、ネットワーキングなど 140以上のプログラムを通じて、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を実現した企業や個人の成功事例が紹介されました。 Einstein Voice、Customer 360をはじめとした最新のイノベーション、新しいカタチで顧客とつながるためのソリューションを体感できたり、TrailblazersとつながるSalesforceを活用しながら、ビジネスを成長させるためのビジョン、最新動向、取り組み、カスタマーサクセスの方法などを、ユーザ事例や80を超えるSalesforceパートナーから学ぶことができるコーナーなどがありました。 Trailhead Zoneは、Salesforce のテクノロジーを体験できるエリアで、エキスパートによるセッションをはじめ、無料オンライン学習サービス Trailhead の体験やSalesforceコミュニティメンバーによるワークショップ、課題にチャレンジするミニハックなどがありました。 ストックマークもブースを出展し、日本語の自然言語処理解析を活用した、より顧客に向き合うための営業変革サービス「Asales」について、詳細資料やデモを展示しました。Salesforceをご利用の多くの方にご関心いただきました。 Trailhead Zoneのセッションでは、Salesforceの方々と、ストックマークAsalesのプロダクトオーナー原部が登壇しました。「絶対使いたくなる AppExchange アプリとそのアーキテクチャ」として、Salesforce のユーザ向けアプリケーションを販売し SaaS ビジネスを成長させたい方向けに、AppExchangeパートナーの成功事例として、ストックマーク、Asalesについてご紹介いただきました。 SalesforceのCustomer 360は、シームレスに「つながる」顧客体験を生み出すもので、Salesforceは「顧客は自分のことを知らない企業とやりとりをしている場合にも、他での喜ばしい体験から期待を膨らませていて、統一された顧客のビューこそが、そうした体験に対する究極的な価値の提供になる。」と説明しています。 ストックマークは「顧客起点としたデータドリブン経営」を提唱していて、AppExchangeパートナーとして相性がとても良いようです。 株式会社セールスフォース・ドットコム、AppExchange アライアンス部 テクニカルエバンジェリスト川畑 隆博氏と、アライアンス本部 パートナー営業推進部の高橋 憲太朗氏が「AppExchangeパートナーが成功する6つのこと」として秘訣を伝授したり、Asalesを起点としたAppExchangeで実現する世界について、デモと共にご紹介くださいました。 Asalesは、Salesforceに蓄積された定性・テキストデータを解析し、既存営業活動の高度化と顧客インサイトの社内還流をサポートするサービスです。さらにカスタマードリブン可能な組織に変化することを支援いたします。セッションでは、App Exchange 開発のメリット・デメリットや、App Exchange 拡販のメリット・デメリットなど、さらにSIとSaaSプロダクト開発の違いと面白さなど原部のSIerの経験を踏まえた話など、深掘りしてお話いたしました。 ブース近くでは、さらにAsalesを詳しく知っていただくためのセッションも開催しました。 タイトル:「日報は売上拡大の源泉!AI×カスタマードリブンな営業改革!」 カスタマードリブンな企業活動が高まる中、顧客課題やニーズを発掘し、解決策をデザインできる営業活動が求められています。Salesforceに蓄積した定性データの利活用をAIで促進させるAsalesを、期待される効果と共にご紹介しました。
2019年 8月 02日

【出展情報】AI・業務自動化展 (10月23日-25日)

AI・業務自動化 展【秋】は、AI(人工知能)や、RPA・チャットボットなど業務自動化ソリューションが一堂に出展する専門展です。 ストックマークは展示ブースにて、「Anews」、「Astrategy」、「Asales」をご紹介いたします。 ◆登壇情報◆   10/23[水]15:00~16:00【JIW-6】データドリブンマーケティング ストックマーク株式会社 CEO  林 達 [講演タイトル] なんとかしたい営業の属人化!組織営業力を強化するテキストデータの活用法 ~データ・ドリブンな営業組織はAIと共に売上拡大を描く~ [button url="https://d.japan-it.jp/conference_aki/aki/#JIW-6" text="セミナーに申し込む!"] ◆出展プロダクト◆ 大量のテキストデータを自然言語処理により文脈を読み取り、キーワードの出現頻度や関係性などを分析することで有益な情報を取り出すことが可能となります。データを活用できず、売上拡大に直結できていない方、AI時代の営業活動にご興味がある方は是非お越し下さい。 【展示】小間番号 : 22-11 ”ニュースクリッピング&コミュニケーションツール” 「Anews」はAIが国内外3万メディア以上から組織に最適な最新WEBニュースを毎日配信します。組織全体の情報感度を高め、コミュニケーション・ナレッジシェアの効率化を促進します。   ”戦略立案に重要な「情報収集」を強力にサポート” 「Astrategy」はニュースや社内外の情報を解析、マーケット動向や競合をAIが解析し、ビジネスの先手を打つための経営の戦略的意思決定を強力にサポート   “テキストデータを武器に! AIが営業効率化と売上拡大に貢献!” 「Asales」は眠っている商談メモやデータをAIが解析し、商談に直結する資料や情報をレコメンド、ナレッジシェアにより、売れる営業組織に導きます!   ぜひ、会場にお越しください! <小間番号 :22-11> [button url="https://form.reedexpo.co.jp/CJ/?lg=jp&tp=inv&ec=AI" text="イベントに参加する!"]   【イベント概要】 名   称:AI・業務自動化展【秋】(Japan IT Week 【秋】2019内) 主   催:リード エグジビション ジャパン 日   時:2019年10月23日(水)~25日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00終了) 場   所:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1) アクセス :JR京葉線『海浜幕張』駅 下車 徒歩5分 JR総武線・京成線『幕張本郷』駅 下車 バス15分 参 加 費:招待券持参により無料(招待券をお持ちでない場合は、参加費5,000円/1人 が必要です。 招待券は下記サイトよりお申し込みください。 申   込:専用ウェブサイトから招待券をお申し込みください。
2019年 7月 29日

【出展情報】ICCサミット KYOTO 2019(9月2日-5日)

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る」をコンセプトとするメンバーシップ制カンファレンスです。 ストックマークは、展示ブースおよびセッションにて登壇いたします。 【登壇情報】9月4日(水) 11:45~13:15Session 12B「今さら聞けない! AIテクノロジー最前線(レクチャー編)」パネルディスカッションにて、代表取締役CEO 林が登壇いたします!    【展示ブース】ウェスティン都ホテル京都 瑞穂の間AIが営業効率化と売上拡大に貢献「Asales」をご紹介します! 【イベント概要】名   称:Industry Co-Creation (ICC)  サミットKYOTO 2019主   催:ICCパートナーズ株式会社日   時:2019年9月2日(月)〜9月5日(木)場   所:ウェスティン都ホテル京都 (東京都目黒区下目黒1-8-1)アクセス :京都駅から地下鉄(烏丸線・東西線)で約15分 地下鉄東西線「蹴上駅」下車 徒歩約2分      山科駅から地下鉄(東西線)で約6分      地下鉄東西線「蹴上駅」下車 徒歩約2分参 加 費:有料(事前登録制)申し込みは下記サイトよりお申し込みください。申   込:専用サイトの「参加希望入力フォーム」らお申し込みください。
2019年 6月 25日

【イベントレポート】「営業支援EXPO」に出展しました。〜「営業強化」に特化した日本最大規模の商談展〜

2019年6月19日(水)〜6月21日(金)東京ビッグサイトで開催された営業支援EXPOに参加しました。ストックマークは、ブースの出展とセミナーに登壇しました。 ストックマークの営業向けサービスのAsalesは、企業内の商談メモや日報などのテキスト文章をAIで解析し、商談の提案作成に直結する情報のレコメンドや、受注・失注の理由を分析し営業業務をサポート致します。 Asalesは、Salesforceと連携していてAppExchangeからご利用いただけます。AppExchangeはこちらから。https://appexchangejp.salesforce.com/appxListingDetail?listingId=a0N3A00000FP03fUAD ストックマークはSalesforceのパートナー企業となっていて、Salesforceさんのブースで、Salesforceの中でも日本語のAI(テキスト解析)を活用する”パートナーソリューション”としてAsalesのご紹介をしました。 ストックマークのブースでは、AsalesをメインにAnews、Astrategyもご紹介。 Salesforceのパートナー企業としての認知も上がって来ているようです! AIの発展により、営業業務における日報や商談メモなど文章のデータを解析できるようになり、売り上げに直結する多くのインサイトをご提供できるようになりました。今後はよりスピードを上げて、いち早く皆様のお手元に届けられるといいなと思います。
2019年 6月 25日

【イベントレポート】DXキーパーソン40名が集う! 「日経 xTECH  ITイノベーターズ会議」に参加しました!

2019年6月18日(火)ホテル雅叙園東京で開催された日経ITイノベーターズ会議に参加しました。 「ITイノベーターズ」は、日経 xTECHにより運営される、経営革新で先行する企業のキーパーソンであるエグゼクティブメンバー(幹事会員)100名によって組織され、彼らを推進役に、IT企業・コンサルティング会社の有識者を交え、デジタル経営革新のあり方について本気で議論・情報発信する「変革に本気で挑むリーダー」のための活動です。 「ITイノベーターズ会議/サミット」は、変革の当事者たちが本音を語る経営革新で先行する企業のキーパーソンであるエグゼクティブメンバー(幹事会員)が集まりデジタル変革をテーマに議論するものです。今回は、DXキーパーソン40名が集いました。 「最新テクノロジー(AI/IoT/VR)活用」をテーマに、米国最新事情やテクノロジー活用の本質、AIやIoTを用いた新サービスの創出方法などの講演やディスカッションが行われました。ストックマークは代表の林が、講演の登壇と、ディスカッションに参加しました。 林は、「AIはここまできた!使いこなして組織を進化させる方法とは」をテーマに講演しました。AIの中でも特に、自然言語処理技術について、昨年起きたと言われるブレイクスルーがどれだけインパクトがあるかAIの歴史を追って解説しました。更に今起きている第4次産業革命において、企業が生き残るためには組織変革、アジャイル経営が必要であること、更にそれをサポートするのがAIであるべきであることを、スタートアップの立場から考えを述べました。 そうそうたるメンバーのディスカッションはデジタル変革、データの扱い方、組織のあり方、イノベーターとは、に到るまで現状から課題まで多岐にわたり大変に盛り上がりました。 最後はハウステンボス取締役CTOの富田さんのご講演でした。「人が幸せになるテクノロジー活用の本質」ということで、自分が幸せだと思っていることは本当にそうなのか、周囲からのコピペではないのか、何より「考える」ということをもっとしなければならない。 Innovatorであるならば、まずは自分が幸せであることを追求し、そして「知恵」を集めて世界一環境改善ができるようにしないといけないという、時に笑いを起こしながら、私たちスタートアップにも心に刺さるはっとすることか数々あるお話でした。富田さんのお話の中にもアジャイルが登場し、今にのみらず重要な考えで今後企業の活動も社員の意思決定のスピードも加速すると更に必要なことだと実感しました。
2019年 6月 24日

【イベントレポート】インターネットテクノロジーの国内最大級のイベント「Interop Tokyo」に出展しました。

2019年6月12日(水) 〜6月14日(金)幕張メッセで開催されたInterop Tokyoに参加しました。ストックマークは、ブースの出展とセミナーに登壇しました。 Interop Tokyoは、技術動向とビジネス活用のトレンドを伝えるため、会場でのデモンストレーションや セッションを数多く催しています。 また今年はクラウドコンピューティング分野の国内最大級のイベント「AWS Summit」が同時期開催され、インターネット分野における国際最大級のB2Bイベントとなりました。 主催者によると、世界のインターネット利用者は20年前は総人口の約6%程度でしたが2018年には55%にまで増えているそうです。そして今後はさらに早いペースで普及が進み、インターネットの恩恵を世界中で受けることになります。これはまさに社会全体がインターネットを前提に動き、変化を遂げていくという歴史上無いスケールで開花していくことが予想されるそうです。 ストックマークは、ブースの出展とセミナーを開催しました。3製品のカラフルなパネルやパンフレットで華やかなブースになり、可愛いノベルティもお客様に好評でした。 セミナーは、ストックマーク チーフアルケミスト森住による、「AI活用まずはここから!先進企業の事例から見る、デジタル変革に必要な4つの視点」をタイトルに、テクノロジーの進化により世の中に情報が溢れ、ビジネスにおける情報収集や解析も、人が様々な角度から行なっていることに加え、新たにAIをうまく活用することで、更に質も量も向上させることができるということで、その具体的な活用方法をお話しました。 VUCAと言われる不確実性に溢れた時代に、柔軟にスピーディに対応できる企業組織をいかに作るかが重要で、キーワードはアジャイル経営であると私たちは考えます。そのためには、データの収集とデータからの洞察、そこからのスピーディな意思決定、更に組織はトップから現場までそれぞれの考えをお互いが知りナレッジをシェアしていくことが重要です。 立ち見でご覧いただくほどのご来場でしたが、先着60名様に無料でご提供したランチのお弁当の手を止めてみなさまに強いご関心をいただきました。 ストックマークは、デジタル変革を担う皆様に「AIの目」のソリューションを提供し、デジタル変革をご支援いたします。
2019年 6月 18日

【出展情報】6/19~6/21営業支援EXPOに出展いたします。

SFA/CRM、営業アウトソーシングなど、営業強化・効率化のためのサービス・製品が一堂に出展する日本最大級の商談展に参加し、企業内の商談メモや日報などのテキスト文章をAIで解析し、商談の提案作成に直結する情報のレコメンドや、受注・失注の理由を分析し営業業務をサポートするストックマークのサービス「Asales」をブースにてご紹介いたいます。詳しくはこちらhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000024407.html
2019年 6月 11日

【イベントレポート】「Inside Sales Coference2019」でブース出展をしました

〜新しいインサイドセールスのかたちとは〜 6月6日、虎ノ門ヒルズフォーラムで、インサイドセールスに関わる経営者、営業・マーケティング部門責任者の方を対象としたイベントInside Sales Coference2019が開催されました。2回目となる今回は、インサイドセールスの入門から活用まで、フェーズに応じたコンテンツ豊富なセッションや、インサイドセールスの検討・導入に欠かせないパネルディスカッションや事例セッションなどとともに、デモの体験と商談ができる展示会が開かれました。 ストックマークは、展示会場でAIを用いた営業と情報収集のためのサービス、Asales、Anewsをご紹介するブースを出展いたしました。 展示会場は、CRM / MA、コンサルティング / アウトソーシング、営業・マーケティング支援、オンライン商談・契約、データ統合・分析、人材活用・育成と6つのカテゴリーで形成されました。約30社が出展し、「インサイドセールスの導入のために何が必要か」「インサイドセールス組織の課題を解決したい」など、様々な疑問のヒントになる展示が多くありました。 ストックマークは、最新のマーケティング手法やAIなどを用いた営業の質の向上支援をテーマとした「営業・マーケティング支援」のカテゴリーの中で、営業活動の業務効率化および売上拡大をAIによってサポートするソリューション「Asales」とニュースクリッピング&コミュニケーションツール「Anews」をご紹介しました。Asalesはテキストマイニングの技術により、営業活動におけるテキストデータ(日報・商談メモ・メール)を解析し、属人化した営業活動を解析し、営業組織の売上拡大を支援するサービスです。Anewsは、自社のビジネスに直結するニュースを世界中のメディアから収集し、社内の有識者のナレッジと共に社内に流通させるツールです。 スペシャルスポンサーのオフィスおかんのおにぎりやOFFICE DE YASAIのジュースも大人気で展示会場を盛り上げました。 歩くのが大変なほどの来場があり、多くの方に足を止めていただきました。欧米ではすでに一般的な「インサイドセールス」は、日本でも、経営や営業の新しい手法として実践する企業が増え関心が高まっていることを感じると同時に、営業・インサイドセールスにおけるAIの活用が益々拡大する期待感を持つことができました。
2019年 6月 11日

【イベントレポート】「Japan Open Innovation Fes」でピッチ登壇とブース出展をしました

〜オープンイノベーションの可能性を探るイベントでピッチイベントに登壇し、全審査員から好評価!〜 2019年6月4日(火) 〜6月5日(水)東京ミッドタウン 日比谷で開催された、eiicon主催のJapan Open Innovation Fesに参加しました。ストックマークは、ブースの出展と今注目のスタートアップとしてピッチコンテストに登壇しました。 Open Innovation Fesは、オープンイノベーションの可能性を探る、face to faceで大企業・スタートアップと議論ができる、日本流オープンイノベーションの祭典として開催されました。 コンテンツは、最前線で活躍している著名なスピーカーによる「〇〇xオープンイノベーション」をテーマにしたセッションや、オープンイノベーションを検討しているスタートアップ・中小・大手企業、自治体など多くの企業とその場で出会えるマッチングブース、 1000名規模のオープンイノベーションを検討するキーパーソンとのネットワーキング、スタートアップピッチコンテストなど盛りだくさんでした。 セッションは、「企業戦略×オープンイノベーション」「社会課題×オープンイノベーション」「事業再生×オープンイノベーション」など、「〇〇×オープンイノベーションで加速する世界」をテーマにセッションを組み立て、スピーカーを招聘しました。 ブースでは、膨大な社内外のテキストデータを収集および分析し、業務で活用できるストックマークのSaaSをご紹介しました。デモとともにAnews、Astrategy、Asalesの動作がわかりやすい動画をご用意しました。 ネットワーキングタイムも大企業やスタートアップ同士で食事を取りながらだったり最終セッション後にはビールを飲みながらだったりフランクにコミュニケーションが取れる場でした。 そして、本イベントの最終セッションは、今注目のeiiconスタートアップ7社によるスペシャルピッチコンテスト「JOIF STARTUP PITCH 2019」です。このイベントにストックマークチーフアルケミストの森住が登壇しました。 このイベントは、事業会社の決裁者が審査員となり、質疑応答と共創判断をし、「興味あり!」 or 「組みたい!」のふたつの札を持ち、その場でビジネスシーズを創出するリアル共創ピッチイベントです。審査員は、アマナ、ホールディングス、KDDI、住友生命保険、住友不動産、凸版印刷、日本郵便、JR東日本スタートアップとそうそうたるお顔ぶれです。更になんと、シークレットゲストにロンドンブーツ1号2号の田村 淳さんが登場! ストックマークは3番目の登壇。3分のピッチ時間で、ストックマークの表現したい世界をお伝えするのは至難の技で、森住がアナウンサー並みかそれ以上の早口で情報量たっぷりに伝えました。ピッチ終了後、田村 淳さんが開口一番、「息継ぎしてますか」と森住に。会場からどっと笑いをとりました。 審査員によるリアルタイム審査では、2票が「組みたい」、5票が「興味あり」、で全審査員が札を挙げてくださいました。 ストックマークの世界観やプロダクトを社会に広げていくというミッションを遂行するのに大企業の皆様のサポートが大変ありがたいです。各企業の顧客体験を重視しながらストックマークはアジャイル経営でスピード感を持って進んで参ります。

©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.