登壇

2019年 5月 22日

【登壇情報】Digital Business Summit 〜経営層のための営業改革セミナー (6月6日)

大量のテキストデータを自然言語処理により文脈を読み取り、キーワードの出現頻度や関係性などを分析することで有益な情報を取り出すことが可能となります。データを活用できず、売上拡大に直結できていない方、AI時代の営業活動にご興味がある方は是非お越し下さい。

  

【登壇情報】
[時間]
15:40 ~ 16:20
[講演タイトル]
待ったなしの営業改革! AIで実現するナレッジシェアと業務効率化
[登壇]
ストックマーク株式会社 代表取締役社長 林 達
[概要]
人材の流動化、働き方改革への期待の高まりと共に、営業におけるAIの活用が益々重要になっています。当セミナーでは営業活動のあらゆるテキストデータをAIが解析し、有用なナレッジをレコメンドすることによって営業の新人を即エース級にし、営業業務の効率化と売上拡大を達成する方法について、当社サービスの実例と共にご紹介します。

  


【イベント概要】
名   称:Digital Business Summit 経営層のための営業改革セミナー
主   催:日経ビジネス電子版、日経クロストレンドン
日   時:2019年6月6日(木) 13:00~18:00 (開場 12:30)予定
場   所:
秋葉原コンベンションホール (東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F
アクセス :JR秋葉原駅 電気街口 徒歩1分
      東京メトロ銀座線 末広町駅 1番出口 徒歩3分
      東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 3番出口 徒歩4分
      つくばエクスプレス 秋葉原駅 A1出口 徒歩3分
参 加 費:無料(事前登録制)
申   込:専用ウェブサイトからお申し込みください。

2019年 5月 12日

Japan IT Week「AI・業務自動化展」でブース出展とセミナー登壇をしました

2019年5月8日~10日、東京ビッグサイトで開催されたJapan IT Week内のAI・業務自動化展にブース出展とセミナー登壇をいたしました。Japan IT Weekは計70,000名が来場するIT業界を代表するイベントで、AI・業務自動化展ではAI技術・製品や、RPA・チャットボットなど業務自動化ソリューションが一堂に集結しました。

ブースでは、ストックマークのサービス「Anews」「Asales」「Astrategy」をご紹介。

Anewsは、自社のビジネスに直結するニュースを世界中のメディアから収集し、社内の有識者のナレッジと共に社内に流通させるツールです。Asalesは、商談メモやテキスト資料から受失注分析をしたり、過去の類似商談をピックアップするなど、定性データから営業現場の付加価値を向上したり業務効率化を実現いたします。Astrategy は、自社を取り巻くビジネス環境について、世界中のニュースの文脈をテキストデータとしてAIが解析し、トレンドの把握や競合の動向を可視化するサービスで、経営の戦略的意思決定を強力にサポートいたします。

たくさんのノベルティも作りました。可愛いと大変好評でした。

セミナーは2回開催しました。1回目は初日、ストックマークChief Strategist 原部 智哉が「AIと目指す営業組織の効率化と売上拡大」をテーマにデジタル時代の営業の抱える課題についてAIで何ができるか、生産性向上の視点で話しました。

2回目は最終日、ストックマーク株式会社Sales Manager髙木 雅史が「AIによる情報収集の効率化と現場力の向上」をテーマにAIによるデジタル変革や新規ビジネス策定、効率化が求められる今日、組織にとっての情報収集/共有の最先端のあり方について話しました。

3日間で多くの方にご来場いただき、ストックマークについて関心を持っていただきました。リアルにお客様の声を伺うことができ、今後の開発に活かしていきたいと思います。


2019年 5月 11日

日経新聞社主催 「AI/SUM:Applied AI Summit」に参加しました

4月22日~24日、東京・丸の内で、日本経済新聞社主催の人工知能をテーマにした初のグローバルイベント「AI/SUM:Applied AI Summit」(アイサム : アプライドAIサミット)が開催されました。

AI/SUMは、日本最大級のグローバルAIカンファレンスで、国内外の専門家、政策当局者やスタートアップなどが集結し、AIが今後、実社会・産業にもたらす様々なインパクトを探ることを目的としています。イベントの最後を飾るパネルディスカッションでストックマーク代表の林がモデレーターを務めました。

テーマは、「AIの最大難関 自然言語への挑戦」。米国のスタートアップ企業であるInbenta Technologies Inc.CEO Jordi Torras氏、楽天株式会社 自然言語処理チーム Assistant Manager Vijay Daultani氏、大阪大学教授、株式会社みらい翻訳、株式会社コトバデザイン CEO 榮藤 稔氏の3名から話を伺いました。(以下、詳細)詳しいディスカッションレポートはこちらのAI活用ニュースメディアAlchemistにて。

またブースでは、新製品のデモを含む3プロダクトAsales、Anews、Astrategyをご紹介、この度新しくなったストックマークの新ロゴのお披露目ともなり、可愛らしい素敵なブースになりました。

パネルディスカッションでは、自然言語処理を大きなテーマとして以下の4つのトピックについて3名の有識者から話を伺いました。

・言語によってモデルを変えるなど、国や地域の言語の壁について現状の課題と今後の予想

・機械翻訳における自然言語処理の技術は、さまざまな業務で使われることが予想されるが、業界・業種特有の言語はどのように学習、処理されるようになるか

・自然言語における競合優位性の今後

・日本のマーケットにおける課題と今後の期待

Google翻訳にどう勝つのかや、楽天とAmazonの違いなど具体的なお話もお伺いできました。また今後の日本のマーケットへの期待は非常に大きいものでした。

今後もこうしたイベントを通じて、自然言語処理分野の発展への寄与、技術に対する理解促進をしていきたいと思っております。


2019年 5月 11日

「アドタイデイズ2019」でセミナー登壇とブース出展をしました

〜ビジネスにおける情勢変動のリスクとチャンスをAIで可視化〜

4月23日~24日、東京・有楽町で、株式会社 宣伝会議が主催する、企業の広告宣伝・広報・販促・クリエイティブなどあらゆる分野の担当者約12,000名が来場する講演&展示型のイベント「AdverTimes Days 2019 Spring」(アドタイ・デイズ)が開催されました。

ストックマークはブースの出展と、両日に渡りセミナーに登壇いたしました。ブースでは、主にストックマークのサービス「Anews」および「Astrategy」をご紹介。

Anewsは、自社のビジネスに直結するニュースを世界中のメディアから収集し、社内の有識者のナレッジと共に社内に流通させるツールです。ユニークなのがニュースの文脈を”リスク”あるいは”チャンス”に振り分けることができる点で、あたかもビジネスの環境変化をいち早く感知する「センサー」の役割を果たします。一方でAstrategy は、自社の取り巻くビジネス環境を世界中のニュースの文脈をAIが解析し、トレンドの把握や競合の動向を可視化するツールです。

新しいロゴとステッカーも可愛いです。

セミナーでは、ストックマークProduct Manager、真嶋 博巳が「デジタル時代のマーケターが持つべき4つの視点」をテーマに、情報が溢れ、情勢の変動が著しく、企業の意思決定の高速化が必然となっている、まさにVUCAと言われる時代にマーケターはどう対応すべきか、AIの視点が入ることで何が変わり何を可能にするのか、について話しました。両日合わせて、ストックマークセミナーには、193名の方が来場されました。

これまでマーケターの業務は、販促やプロモーションがメインでしたが、これからは、消費者視点で価値をつくりだし商品開発をはじめ、経営を牽引する存在になっていくと、ストックマークは考えます。

そのためにマーケターは、業界業種や規模の大小を超えて自社を取り巻くマーケット全体を俯瞰し、マーケットのトレンドを様々な意味や文脈で捉え、さらに、消費者の行動や嗜好を分析し、ユーザーやマーケットのパターンをミクロな視点で分析することが必要です。

それらは、人力では処理できないような膨大な情報を処理しなければならず、時に人間では気付き得ない「分析」が存在するのかもしれません。AIはこれらを包含して拡張する知能であり、AIを使用してこれらの作業をしていくことは今後のスタンダードになっていくでしょう。

「意思決定のスピード」とそれを裏付ける「情報の質と量」で企業の差が出るデジタル時代に、ストックマークは、AIによる膨大な情報の収集と緻密な分析から、企業にとって必要不可欠なサービスをつくっていくことを目指します。

2019年 4月 29日

【出展情報】第6回 働き方改革 EXPO(5月29日-31日)

本イベントは、「テレワーク支援」「会議ソリューション」「ワークプレイス構築」「RPA・業務自動化」など、あらゆるワークスタイル変革ソリューションが一堂に出展しており、働き方改革の実現を促進するための展示会です。

ストックマークは、AIを活用して業務効率化と売上拡大に貢献する「Anews」「Asales」を展示ブースおよびセミナーにてご紹介させていただきます。

 

“テキストデータを武器に! AIが働き方改革と売上拡大に貢献!”

弊社は膨大な社内外のテキストデータを収集および分析し、業務で活用できるSaaSサービスをご提供しています。 

 

「Anews」はAIが国内外3万メディア以上から組織に最適な最新WEBニュースを毎日配信します。組織全体の情報感度を高め、コミュニケーション・ナレッジシェアの効率化を促進します。

 

「Asales」は眠っている商談メモやデータをAIが解析し、商談に直結する資料や情報をレコメンド、ナレッジシェアにより、売れる営業組織に導きます!

 

ぜひ、会場にお越しください!

特に、働き方改革にお悩みの経営企画、営業、総務、マーケティング、広報の皆様、AIと共に働き方改革を実現しましょう!是非、ブースにお立ち寄りください!

※当日は混雑が予想されます。予めこちらから商談予約をしていただくとスムーズです!!

商談予約はこちら!

 


【登壇情報】PRセミナー(会場: 出展社による製品・サービス発表セミナー 青海会場)
 
◆5月29日 (水) 12:00 ~ 12:40
[講演タイトル]
事例から学ぶ、AIによる情報収集の効率化と現場力の向上
[登壇]
ストックマーク株式会社 プロダクトマネージャー 真嶋 博己
[概要]
大手1,000社に導入されている情報収集ツールであるAnewsをご紹介


◆5月31日 (金) 16:00 ~ 16:40
[講演タイトル]
商談メモや日報を解析!AIと目指す営業組織の働き方改革
[登壇]
ストックマーク株式会社 プロダクトマネージャー 原部 智哉
[概要]
商談メモや日報を解析可能な営業支援ツールのAsalesを、期待される効果と共にご紹介

 


【イベント概要】
名   称:第6回 働き方改革 EXPO
主   催:リード エグジビション ジャパン
日   時:2019年5月29日(水)〜5月31日(金)10:00~18:00
場   所:東京ビッグサイト(青海展示棟)(東京都目黒区三田 1-4-1)
アクセス :りんかい線 東京テレポート駅 徒歩2分
      ゆりかもめ 青海(あおみ)駅 徒歩4分
参 加 費:招待券持参により無料(招待券をお持ちでない場合は、参加費5,000円/1人 が必要です。
      招待券は下記サイトよりお申し込みください。
申   込:専用ウェブサイトから招待券をお申し込みください。(招待券の到着は2週間ほどかかります。) 

 

2019年 3月 01日

【出展情報】AppExchange EXPO 2019 Spring 東京(3月14日開催)


「AppExchange EXPO」は、Salesforceを拡張するアプリ AppExchange の専門展示会です。
国内最新/ロングセラー AppExchange 30アプリ以上をまとめてご覧いただけます。

ストックマークは、セッションおよび展示エリアにて、AIで営業戦略をサポートする「Asales」をご紹介いたします。

  

【登壇情報】
[セッション]
S4-6 (15:30-16:00)
[講演タイトル]
新人・即・エース! AIと目指すSalesforceの定着と営業活動の大変革
[登壇]
ストックマーク株式会社 Chief Strategist   原部 智哉

[概要]
これまで登録した商談や活動履歴をAIが解析して、新人でも即エース級の営業活動ができるプロダクトAsalesを紹介します。
営業活動の定量的な売上管理・行動管理は行っているものの、最も重要な「なぜそうなったのか」の原因分析や、Salesforceに登録したデータが組織的に利活用できず、売上拡大に直結できていない、AI時代の営業活動にご興味がある方は是非お越し下さい。
※ストックマークは、自然言語処理(定性・テキストデータ)の最先端に取り組んでいるAIベンチャーです。

  

【イベント概要】
名   称:AppExchange EXPO 2019 Spring 東京
主   催:特定非営利活動法人アップエクスチェンジコンソーシアム
協   力:株式会社セールスフォース・ドットコム     
日   時:2019年3月14日(木)10:30~18:30 (受付開始/Exhibition会場オープン 10:30~)      
場   所:JPタワーホール&カンファレンス(東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE 4,5階
アクセス :JR東京駅 徒歩約1分 丸の内線東京駅 地下道より直結
      千代田線二重橋前〈丸の内〉駅 徒歩約2分
      三田線大手町駅 徒歩約4分 JR京葉線東京駅 徒歩約3分
      有楽町線有楽町駅 徒歩約6分
      JR有楽町駅 徒歩約6分
参 加 費:来場者参加費無料
申   込:
専用ウェブサイトから事前登録 ※ 当日のタイムテーブルもご確認頂けます。

   




2018年 11月 15日

Get in touch

Yay! Message sent.
Error! Please validate your fields.