News

2019年 5月 11日

【イベントレポート】日経新聞社主催 「AI/SUM:Applied AI Summit」に参加しました

4月22日~24日、東京・丸の内で、日本経済新聞社主催の人工知能をテーマにした初のグローバルイベント「AI/SUM:Applied AI Summit」(アイサム : アプライドAIサミット)が開催されました。

AI/SUMは、日本最大級のグローバルAIカンファレンスで、国内外の専門家、政策当局者やスタートアップなどが集結し、AIが今後、実社会・産業にもたらす様々なインパクトを探ることを目的としています。イベントの最後を飾るパネルディスカッションでストックマーク代表の林がモデレーターを務めました。

テーマは、「AIの最大難関 自然言語への挑戦」。米国のスタートアップ企業であるInbenta Technologies Inc.CEO Jordi Torras氏、楽天株式会社 自然言語処理チーム Assistant Manager Vijay Daultani氏、大阪大学教授、株式会社みらい翻訳、株式会社コトバデザイン CEO 榮藤 稔氏の3名から話を伺いました。(以下、詳細)詳しいディスカッションレポートはこちらのAI活用ニュースメディアAlchemistにて。

またブースでは、新製品のデモを含む3プロダクトAsales、Anews、Astrategyをご紹介、この度新しくなったストックマークの新ロゴのお披露目ともなり、可愛らしい素敵なブースになりました。

パネルディスカッションでは、自然言語処理を大きなテーマとして以下の4つのトピックについて3名の有識者から話を伺いました。

・言語によってモデルを変えるなど、国や地域の言語の壁について現状の課題と今後の予想

・機械翻訳における自然言語処理の技術は、さまざまな業務で使われることが予想されるが、業界・業種特有の言語はどのように学習、処理されるようになるか

・自然言語における競合優位性の今後

・日本のマーケットにおける課題と今後の期待

Google翻訳にどう勝つのかや、楽天とAmazonの違いなど具体的なお話もお伺いできました。また今後の日本のマーケットへの期待は非常に大きいものでした。

今後もこうしたイベントを通じて、自然言語処理分野の発展への寄与、技術に対する理解促進をしていきたいと思っております。


2019年 5月 11日

【イベントレポート】「アドタイデイズ2019」でセミナー登壇とブース出展をしました

〜ビジネスにおける情勢変動のリスクとチャンスをAIで可視化〜

4月23日~24日、東京・有楽町で、株式会社 宣伝会議が主催する、企業の広告宣伝・広報・販促・クリエイティブなどあらゆる分野の担当者約12,000名が来場する講演&展示型のイベント「AdverTimes Days 2019 Spring」(アドタイ・デイズ)が開催されました。

ストックマークはブースの出展と、両日に渡りセミナーに登壇いたしました。ブースでは、主にストックマークのサービス「Anews」および「Astrategy」をご紹介。

Anewsは、自社のビジネスに直結するニュースを世界中のメディアから収集し、社内の有識者のナレッジと共に社内に流通させるツールです。ユニークなのがニュースの文脈を”リスク”あるいは”チャンス”に振り分けることができる点で、あたかもビジネスの環境変化をいち早く感知する「センサー」の役割を果たします。一方でAstrategy は、自社の取り巻くビジネス環境を世界中のニュースの文脈をAIが解析し、トレンドの把握や競合の動向を可視化するツールです。

新しいロゴとステッカーも可愛いです。

セミナーでは、ストックマークProduct Manager、真嶋 博巳が「デジタル時代のマーケターが持つべき4つの視点」をテーマに、情報が溢れ、情勢の変動が著しく、企業の意思決定の高速化が必然となっている、まさにVUCAと言われる時代にマーケターはどう対応すべきか、AIの視点が入ることで何が変わり何を可能にするのか、について話しました。両日合わせて、ストックマークセミナーには、193名の方が来場されました。

これまでマーケターの業務は、販促やプロモーションがメインでしたが、これからは、消費者視点で価値をつくりだし商品開発をはじめ、経営を牽引する存在になっていくと、ストックマークは考えます。

そのためにマーケターは、業界業種や規模の大小を超えて自社を取り巻くマーケット全体を俯瞰し、マーケットのトレンドを様々な意味や文脈で捉え、さらに、消費者の行動や嗜好を分析し、ユーザーやマーケットのパターンをミクロな視点で分析することが必要です。

それらは、人力では処理できないような膨大な情報を処理しなければならず、時に人間では気付き得ない「分析」が存在するのかもしれません。AIはこれらを包含して拡張する知能であり、AIを使用してこれらの作業をしていくことは今後のスタンダードになっていくでしょう。

「意思決定のスピード」とそれを裏付ける「情報の質と量」で企業の差が出るデジタル時代に、ストックマークは、AIによる膨大な情報の収集と緻密な分析から、企業にとって必要不可欠なサービスをつくっていくことを目指します。

2019年 4月 29日

【出展情報】第6回 働き方改革 EXPO(5月29日-31日)

本イベントは、「テレワーク支援」「会議ソリューション」「ワークプレイス構築」「RPA・業務自動化」など、あらゆるワークスタイル変革ソリューションが一堂に出展しており、働き方改革の実現を促進するための展示会です。

ストックマークは、AIを活用して業務効率化と売上拡大に貢献する「Anews」「Asales」を展示ブースおよびセミナーにてご紹介させていただきます。

 

“テキストデータを武器に! AIが働き方改革と売上拡大に貢献!”

弊社は膨大な社内外のテキストデータを収集および分析し、業務で活用できるSaaSサービスをご提供しています。 

 

「Anews」はAIが国内外3万メディア以上から組織に最適な最新WEBニュースを毎日配信します。組織全体の情報感度を高め、コミュニケーション・ナレッジシェアの効率化を促進します。

 

「Asales」は眠っている商談メモやデータをAIが解析し、商談に直結する資料や情報をレコメンド、ナレッジシェアにより、売れる営業組織に導きます!

 

ぜひ、会場にお越しください! <小間番号 : B38-53>

特に、働き方改革にお悩みの経営企画、営業、総務、マーケティング、広報の皆様、AIと共に働き方改革を実現しましょう!是非、ブースにお立ち寄りください!

※当日は混雑が予想されます。予めこちらから商談予約をしていただくとスムーズです!!

商談予約はこちら!

 


【展示】小間番号 : B38-53

【登壇情報】PRセミナー(会場: 出展社による製品・サービス発表セミナー 青海会場)
 
◆5月29日 (水) 12:00 ~ 12:40
[講演タイトル]
事例から学ぶ、AIによる情報収集の効率化と現場力の向上
[登壇]
ストックマーク株式会社 チーフアルケミスト 森住 祐介
[概要]
大手1,000社に導入されている情報収集ツールであるAnewsをご紹介


◆5月31日 (金) 16:00 ~ 16:40
[講演タイトル]
商談メモや日報を解析!AIと目指す営業組織の働き方改革
[登壇]
ストックマーク株式会社 プロダクトマネージャー 原部 智哉
[概要]
商談メモや日報を解析可能な営業支援ツールのAsalesを、期待される効果と共にご紹介

 


【イベント概要】
名   称:第6回 働き方改革 EXPO
主   催:リード エグジビション ジャパン
日   時:2019年5月29日(水)〜5月31日(金)10:00~18:00
場   所:東京ビッグサイト(青海展示棟)(東京都目黒区三田 1-4-1)
アクセス :りんかい線 東京テレポート駅 徒歩2分
      ゆりかもめ 青海(あおみ)駅 徒歩4分
参 加 費:招待券持参により無料(招待券をお持ちでない場合は、参加費5,000円/1人 が必要です。
      招待券は下記サイトよりお申し込みください。
申   込:専用ウェブサイトから招待券をお申し込みください。(招待券の到着は2週間ほどかかります。) 

 

2019年 4月 26日

【出展情報】日経×Tech 「人工知能サミット2019」(5月31日開催)

本セミナーは、AI活用を成功させるための事例やノウハウを結集し、これから導入を進めようとする企業、検証段階の企業、既にAIを活用しているがさらなるステップアップを目指す企業の皆さまに、有用な情報を提供する場です。AIでビジネスを変革するために、ぜひご活用ください。

ストックマークは、セミナーおよび展示を行います。デジタル変革、新規事業において、どのように意思決定をし、どう取り組んでいくか、このような課題解決の最初の一歩として、マーケット分析の効率化やアイデア創出を支援する最先端のAI技術の活用を、事例を交えてご紹介します。

【登壇情報】
5月31日(金) 14:45~15:25(華つどい会場)

[講演タイトル]
事例から見る、デジタル変革に必要な4つの視点 〜鳥の目、魚の目、虫の目、そしてAIの目〜

[登壇]
ストックマーク株式会社 代表取締役CEO  林 逹

[概要]
VUCAな時代となり、人間の処理能力を超えるほどの情報量や競合他社で溢れ、いつなんどきき危機にさらされるかわからない時代となりました。このような時代においては、環境の変化をいかにすばやく捉え、変化に耐えうる組織づくりや企業文化の形成が重要となります。当セッションではこれらのデジタル変革に必要な情報戦略や組織文化の醸成のための方法論を事例から考察していきます。

【イベント概要】
名   称:日経×Tech 「人工知能サミット2019」
主   催:日経 xTECH
共   催:日経BP総研 イノベーションICTラボ/ビジネスAIセンター
日   時:2019年5月31日(金)9:30~17:10(9:00開場)予定
場   所:
ホテル雅叙園東京 (東京都目黒区下目黒1-8-1)
アクセス :目黒駅(JR山手線西口、東急目黒線、地下鉄南北線・三田線)徒歩約3分
参 加 費:無料(事前登録制)申し込みは下記サイトよりお申し込みください。
申   込:専用ウェブサイトからお申し込みください。

2019年 4月 25日

【イベント】「Anews」ハンズオンセミナーをスタート

本日より「Anews」ハンズオンセミナーを開始いたします!
「Anews」について、より詳細なご紹介と共に、操作を体験できるセミナーを継続的に開催いたします。
情報収集だけでなく、業務の効率を向上させる「Anews」の活用方法をお伝えします。

 

◆お問い合わせはこちら◆
support@news.co.jp

 

※「Anews」はAI技術により、幅広い情報源から業務に直結するニュースを配信し、かつチーム内でメンバー同士の情報コミュニケーションも促進するサービスです。

 

2019年 4月 24日
2019年 4月 23日
2019年 4月 22日

【プレスリリース】テキスト解析のストックマークがシリーズAで3億円のデットファイナンス

2019年4月22日

ストックマーク株式会社

 

テキスト解析のストックマークがシリーズAで3億円のデットファイナンス
みずほ銀行の支援と日本政策金融金庫から融資として調達

 

自然言語処理を研究している、ストックマーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:林達、以下ストックマーク)https://stockmark.ai/ は、この度3億円の資金調達をしたことをご報告させていただきます。

ストックマークは、最先端の自然言語処理技術を研究し、それを活用して現在、三菱UFJ銀行、トヨタ自動車、帝人、TOTO、WOWOW、経済産業省など1000社を超える企業が利用し、組織の意思決定を効率化するAnewsをはじめとした複数のプロダクトを提供しています。この度、みずほ銀行の支援を受けて日本政策金融金庫から3億円の借り入れを2019年初頭に実施しましたことをご報告いたします。

シリーズAでは、VCなどからエクイティ出資を受けるのが一般的なところ、銀行借り入れのみでの資金調達は珍しく、これは、当初から好調なAnewsに続いてリリースした営業支援ツールのAsalesも含めて業績が順調であること、及び本年夏に予定している新サービスへの期待をいただいているが所以であると受け止め、全社員一丸となり気を引き締めて邁進する所存です。今後は弊社サービスのさらなる認知拡大と、私たちの思いやプロダクトが世の通説、文化となる日が来ることを目指して、日々のプロダクト開発と価値創造に注力してまいります。

早速本日4/22(月)より、認知拡大のミッションのためイベント出展にも注力してまいります。

4/22〜4/24日本経済新聞社主催のAIイベント「AI SUM

4/23〜4/24宣伝会議主催のアドタイ「AdverTimes Days 2019 Spring

上記イベントにて、ブース出展とセミナー登壇をいたします。

 

ストックマーク代表林のコメント

「今回の資金調達では、最優秀人材の獲得とマーケットの拡大に注力します。2016年の創業以来資金調達を行うことなく成長を続けることが出来たのは、ひたすらお客様に向き合いながらプロダクトを研鑽し、創業初期の段階で厳しくも優しい皆様と巡り合うことが出来たからです。PMF(プロダクトマーケットフィット)を達成した今、次のステージに進むために今回の調達に至りました。これまでの暖かいご支援に感謝申し上げると共に、今後も皆様のご期待にお応えすべく、より一層のご支援ご指導のほどお願い申し上げます。

すべてのビジネスは大なり小なり「意思決定」の積み重ねで成り立っています。ストックマークは「組織を進化させるインテリジェンス」として、AIのチカラで、すべての組織、チーム、ビジネスパーソンにおける正しい「意思決定」をサポートし、日々増大する情報量、不確定要素の大きいビジネス環境において最も信頼されるパートナーになりたいと願っています。ストックマークは、ヒトとAIとビジネスプロセスのあり方を愚直に追求し、最高のAI SaaSプロダクトを開発して参ります。」

 

 

ストックマーク株式会社 会社概要

最先端の自然言語処理の研究をベースに、組織の情報共有・ナレッジシェアを効率化するWebニュースプラットフォーム「Anews」、大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」、営業戦略支援サービス「Asales」を提供しています。

会社名 :ストックマーク株式会社
URL        :https://stockmark.ai/
所在地    :東京都港区南青山一丁目12番3号 LIFORK MINAMI AOYAMA S209
設立        :2016年11月15日
代表者 :代表取締役CEO 林達
採用情報:https://www.wantedly.com/projects/305745

 


本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先
ストックマーク株式会社  広報 pr@anews.co.jp

2019年 4月 20日
2019年 4月 19日

【登壇しました】ISE Technical Coference 2019

 

4月18日-19日に開催された「ISE Technical Coference 2019」にて、弊社 チーフ ストーリー アーキテクト の西村が登壇しました。(18日登壇)

イベントは「Acceletate Digital Innovation 〜解き放て!人と技術の可能性」をテーマに、30を超えるセッション、ハンズオン、展示が行われていました。その中で、ストックマークは「Digital Innovation」トラックでセッションを行いました。

ストックマークとしての考え方、メンバーのビジネスやお客様に対する姿勢、プロダクトの紹介、開発についてをお話しさせていただきました。1時間の中で全てをお伝えはできませんでしたが、興味を持っていただき、終了後には多くの方々にご質問や名刺交換などお声がけいただき嬉しい限りです。

 

 

たくさんある中から、弊社のセッションをご聴講いただいた皆様に心よりお礼申し上げます。

ストックマークは、蓄積されたテキストデータを解析し、「正しい判断基準」として活用できるようにし、進化を遂げようとする会社や組織をサポートします。新しい事業アイディアの創出や、社内でイノベーションを起こすカルチャー作りに貢献できれば幸いです。

 


◆セッション詳細◆

「大企業出身が強み!これが日本の自然言語処理AIの最前線だ!」

ストックマーク株式会社 チーフ ストーリー アーキテクト 西村 元一

-概要

全社員の8割以上が大企業出身。自然言語処理界のAIスタートアップが進める最先端のAI技術を使ったB2B Saas サービスが届ける価値とは。サービスの作り方、それを支えるAIテクノロジーについて1,000社を超える導入実績から学んだことを紹介します。

 

©2019 Stockmark Inc. All Rights Reserved.